「被告人を調教3年に処する」は面白かった

主人公は結婚詐欺をして捕まった女性です。男性のことを完全に見下しており、性格はかなり捻じ曲がっていました。
正直、読んでいてこの女性に対して「男をなめるな!」って腹が立っていたぐらいです。
しかし、それこそが作者の狙いだったんですね。まんまと引っかかってしまいました。なんとこの肌たしい女性が、看守に調教されてどんどん可愛らしい女性になっていくのです。
最初は看守のことも馬鹿にしたりして、全然反省をしようとはしませんでした。しかし、この看守が実は何をさせても完璧な人間で、しかもかなり男前だったのです。主人公はこの看守には何で勝負をしても敵わないと悟ります。
それと同時に、この看守に恋をするよになっていくのです。
元結婚詐欺師が中学生のような淡い恋心を抱く様子は見ていてとても微笑ましかったです。
この恋が実って欲しいですが、きっとこれまでに騙された被害者の男性たちが黙っていないと思います。
その時、この看守がどうやって彼女を守るのかが見ものだと思います。